follow

中古で買ったDVDでバンッと惹かれたMatthew Goodeを追いかけて
『The Lookout』を見る。
今では主役の役者達が並んだこの映画の評判は良い。
レンタル屋さんに置いてなかったので買ってしまった・・・声が聞きたいが為。
1時間半くらいの映画なので見る側は時に学習を強いられる。そんなこたぁ構わない。
名脚本家の監督作品とあって話は面白い。
話の中心となる場面はシンプルで、ポストカードであったら欲しいくらい。
でもその奥にスマートさは無く、その無骨さは
主役のJoseph Gordon Levittの持つメモに並ぶ文字と
Matthewが手放せない持病の薬につながる様に思った。
Matthewはあの目の大きさに何かアブナさを感じたが、中々怖くてヤな奴。
軟なイメージ(今迄見た彼はそんな感じ)Joseph君はここでも同じだけれど
見る側と同じ様に物語の中で学習した事を応用し実行し、声を張り上げる。
あっという間の1時間半だった。

Matthew goodeは似た役の作品が無いのがファンには嬉しい。
こんな感じでずっと続けていてほしいなぁ。
(お願いだからスーパーマンにはならないで!「the Last Enamy」のイントロの方が
まだ見たいと思う。でも出演していないのになにゆえ彼が解説を?)
[PR]
by mercedes88 | 2011-01-22 23:57
<< 続く映画の日々 始まりの声 >>