美しい映画でした

『A SINGLE MAN 』のDVDが届いた。
解りやすい映画だった。
惹かれた、いつもの様に、色や物、登場人物たちに。
想い、気遣い、触れ合うほど近づく彼らを見ていて息をひそめる自分に気付く。
思いのまま素直に微笑む彼らの表情は美しかった。
キレイよりも美しいという言葉を使いたい。
きっかけは違っても、きっと誰もが経験した事があるジョージの思い。
そう思った映画だった。

オペラ『ワリー』の、カタラーニの書いたアリアが使われていた。
あの曲は『DIVA』を思い出させる曲だったけれど
もうひとつ思い出される映画が出来た。

スローで動く車から踊っている女の子が見えた時
タップダンスだったんだぁ、と
なぜか分からないけれど思った。
[PR]
by mercedes88 | 2011-03-05 23:08
<< 明日があるから 迷わず鑑賞いたしました >>