明日があるから

あと2,3秒職員の揺れていると言う声が聴こえなかったらエレベーターの中だった。
声を聞いた後も、この程度なら心配無い、と思ったが
治療室へ戻っている途中揺れが激しくなり治療室のドアが閉まりかけていた。
ドアを開き押さえながら中の様子を尋ねるも悲鳴しか聞こえない。
積み上げられた生理食塩水の箱を押さえながらドアを押さえるが
揺れは一層激しくなり一気に弱気になる。終わらない激しい揺れ。
隣のレントゲン室から技師が出て来て、ドアを押さえてくれる。
治療室を見ると患者とスタッフが皆ベッド下にかがみ無事だった。

仕事中、さらに続けて仕事もあると言う気持ちから
不安を感じる暇が無かった。
昨夜帰宅して被害の大きさを把握し滅入った。
それでも明日が来るから、しっかり食べてしっかり寝て仕事をします。
被害がこれ以上大きくならない事を祈っています。
[PR]
by mercedes88 | 2011-03-13 19:40
<< さきほど 美しい映画でした >>