嬉しい現役

先日ネットでアメリカのTV ドラマ「ギルモア・ガールズ」を見たら
エドワード・ハーマンが出演していて嬉しく思った。
映画を映画館で見て、この人好きだなぁ、と思った最初の人は彼だ。
『イルカの日』で、盗聴されている事を知らせる為
”話すな”と書かれた紙をジョージ・C・スコットを見せる。
このシーンがそんな気持ちにさせた。メガネをかけた痩せた長身の彼。
浮気者だからすぐに他の俳優を好きになったけれど
いつも脇役だけど彼を見ると、あぁやっぱり素敵だと思った。
今IMDbで調べると今年まで出演作品が並んでいる。
穏やかなお顔が現在の持ち味となっているようだ。
年齢もまだ60代、まだまだ現役でがんばって素敵な笑顔を見せてほしい。

『イルカの日』と言えばトリッシュ・ヴァン・ディヴァーも好きだった。
彼女の出演した刑事コロンボの『秒読みの殺人』はビデオに撮って何度も見た。
映画のトリビアの詰まった面白いエピソードとして思い出される。
[PR]
by mercedes88 | 2011-07-29 07:40 | 映画
<< 何度も飛び込む正解の世界 The 250km Wave >>