毎日観光バスで

 バス通勤を始めて4ヶ月が過ぎようとしている。
電車通勤が長かった私には、バス停に立って予定時間通りに到着しないバスを待つ事は結構辛い。
7月からの通勤で、バスが来るまでに一汗かき、仕事帰りはバスが来るまでにもう一汗。
秋が深まりつつあるこの季節、今からもう手袋をしてスカーフを首にグルグル巻いて、厚手の靴下を履いて、そしてすでにダウンを着ている状態。ほとんど着ぐるみ。「足元見えまっせ~ん」

 しかしこの数週間の通勤は実に楽しい。
私は7時10分前後のバスに乗る。割と空いていて椅子に座る事が出来る。そして私は職場までの時間、変わり行く木々の葉の色を眺める。
通りの雰囲気を100%変えてしまうイチョウの葉の変化。
若葉の緑を過ぎ、夏の鋭い日差しをブロックしてくれるたくましい濃い緑になり、そして朝のまだ夜が明け切れていない街の中でただ黄色く色づいただけなのに、街が以前より少し明るくなった感じがするイチョウの並木通り。道路に落ちている黄色に色づいたその葉達は、楽しげに車道や歩道に散らばり、行き交う車や自転車の作り出す風で可笑しなダンスを楽しんでいるよう。
桜の葉は一枚一枚が少しずつ変化を遂げている。毎日見ていると同じ木の印象が違って見える。
 通勤バスに乗って、毎日観光をしている気分を味わっている今の私。
「さぁー今日も観光バスに乗ろう!」という感じでバス停に立つ少し寒い朝。

 街の美術館へ向かう道を走るバスを私は”花見バス”と読んでいる。
私の通勤バスも、春には”花見バス”になるのかも・・・・・・・・。

[PR]
by mercedes88 | 2005-11-20 18:11 | 日記
<< お久しぶり! 社員食堂 >>