遅れて来た返信

 携帯電話を持っていない人を探す方が難しいこの時代。
これだけ普及すると持っていないと困ることもある。それは持っている人たちが作り上げた
ルールがすでに、ルールとして成立しているから。
「持っていないから」と言う理由で文句は言えない。

友達が木曜日のお昼に知人に会い、ある仕事の依頼をした。
依頼された人物は「出来ないことはないけれど、自分が適任かどうか分からない・・・」
とあいまいな返事をしただけだった。
そこで友達はその夜もう一度、その知人に「お昼に話した仕事、引き受けてくれる?」
と携帯電話でメールをした。
しかし金曜日、土曜日と、知人からは何の返信もなかった。
友達はあきらめて他の人に仕事の依頼をした。それは土曜日のお昼。
そして日曜日にその人と会って、仕事の内容を話し、OKサインをもらった。
帰宅して友達が夕食をしていると携帯がバッグの中でぶるぶると震える音がした。
急いで取り出すと着信メールあり、の表示。
開いてみると、初めに仕事を依頼した知人からの返事だった。
「OK,・・・・・・・・・・・こんな感じで考えているけれど、どう思う?」
友達は思った。
”遅かった返信ね”
しかし、返信された日付を見て驚いた。
知人はこのメールを金曜日のお昼に出していた。
要するに、木曜日の夜に友達が再度依頼した際の返事を
翌日のお昼に出したわけだ。普通の返事をもらうにも、この程度の時間は要する。
でも、そのメールが日曜日の夜の8時に着信した事がマズかった。
なぜ遅れたのかは分からないけれど、友達は言う。
今でも初めに依頼した知人にやってもらいたい仕事だけれど
すでに他に人に依頼したし・・・・。こればかりはもうどうしようもない。

携帯電話を利用している人達に、このようなトラブルはないのだろうか?
大切な話を携帯メールなどでするべからず、と彼らはすでに学習しているのだろうか?
恋人達はデートの約束を携帯メールなどでしないのだろうか?

しかし、誰もこんな事で愚痴をこぼさないのかも知れない。

「遅れるなんて常識、あれはあくまでも、お楽しみに利用するものよ」
そうならば、私の友達にそのことを伝えなければ。
友達はまだまだ”学習すること”がたくさんある、ということを。
「携帯電話は奥が深いのよ、知ってた?」と
[PR]
by mercedes88 | 2006-03-27 07:46 | 日記
<< What is this? 彼の引き出し >>