気分は「ギターを持った渡り鳥」で・・・

NHK好きな私が見てはいないのに気になっていた番組で
ローカル電車を乗り継いで日本を見て回る企画が2年前程にあったような・・・。
旅する方は関口弘さんの息子さんで、お名前は確か関口何とかさん。
(本当にごめんなさい。お名前知りません。)

その後ヨーロッパを回る企画が始まったのは知ってはいましたが、見る機会は無いまま。
そのヨーロッパ編が年末か年始にダイジェストで放送されていた。
ギターを持って、ギリシャ語で詩を書いて、それにメロディーをつけながらの旅を
楽しそうにされている表情は見ていてこちらも気持ちがギリシャに飛べるレベルだった。

ある日結婚式で演奏をするというディオに会われ、その場で3人で演奏をしていたが
関口さんはギリシャ人の持つ”リュート”を彼らに持たされて、困惑しながらも見事に弾かれ

「リュート弾けたよ!」と関口さん自信もビックリ!と言う場面があった。

それを見た私はその関口さんの驚きをそのまま自分の驚き感情として持った。
そして決断を下すMercedes・・・・・・・。

「島にギター、持っていこう」

もう軽く10年は弾いていないのではないかと思われるギター。
(弾ける状態かどうかも定かではない)
しかし、島にギターを持って行く事はもう『決定事項』だ。

思うにギターが引けても、手元にリュートがないと弾けないし、リュートなんて入手困難だし
もしリュートを弾きたいのなら、リュートを弾くべきだと考える私は結構冷静だ、確かに。
しかし、とりあえず、ギターを再開して、村冶香織のコンサートのアンコールで叫びかけた
「カバティーナ」をマスターしょうじゃないの、これを機会に。
あのアンコール、あと3秒 曲の紹介が遅ければ私は確実に叫んでいた『カバティ~ナ~』と。
で、大恥をかいたはず。
オマケに演奏が始まると涙と鼻水流しながら聞き入っていたのだから・・・・。
(隣のおじさんのひき具合がしっかり観察出来た事も
素晴らしい経験となった事も忘れがたい。
その人は、席を、変わった。まっ、イイけどね、そんなこと。へっ!)

東京の友達がメールで
「竹芝から舟に乗るの?」
とメールして来たが

「ああ、その竹芝からよ。えっ?見送り?そんなものいらないわよ。ギターでも弾いて時間をつぶせるから』

って私は小林昭かい!(小林昭さんの昭ってこの字でしたっけ)
[PR]
by Mercedes88 | 2007-01-11 09:25 | 日記
<< 茂木さんの仕事術、いよいよ公開! ハワイ >>