島からの便り

 昨日ネットが繋がり、やっと「島便り」を書けるようになりました。
で、早速ですが、今この島はまるで”嵐”の様な天候で、雷ゴロゴロ、ピカピカ、雨、強風、突風、なんでもかかって来い!状態です。
先ほどまで7時のニュースを見ていたのですが、何度も画像が乱れ、音声も途絶え、クローズアップ現代が始まったので、テレビを消しましたが、今夜は眠れるかなぁ・・・・・。

 東京から船で12時間で島の港に着きました。
船は明け方の5時から3回他の島の港に止まり最後に到着します。
天候もよく、穏やかな海に静かに走り始めた私を乗せた船ですが、狭い船室の、これまた狭いベッドに横たわると、波が感じられました。

「船、揺れてる感じ無いのになぁ・・・・・」

と、ひとり事をつぶやいていました。

友達の1人が携帯電話にメールをくれました。「も、着いた?どんな感じの島?」
ったくもー、12時間の船旅って言ったのに・・・「私、まだ船の中だよ、明日の朝着くだよ」
するとまたメール。「すっげー長い船旅!でも、眠れるからイイじゃん!元気でね」
眠れるからって、何時だと思ってんのよ今、3時だっての!「眠れません!羊数えているんだよ、だから・・・羊が7865342、羊が7865343、・・・・・じゃ、またね」

9時からの最後の1時間は、まさに地獄でした。
急に船が揺れ始め、額に生汗、体中ぐっしょり。
昨夜東京の友人達と夕食にインドカレーを食べた事を呪った程の辛さ。

「こんなに揺れて辛い思いするなんて・・・・やっぱり昨日の夕食は中華のお粥にしとくべきだったぁ~」

何度指を折って数えても昨夜の夕食から半日以上は過ぎている。
胃腸の弱い私でも、さすがに昨夜食べた物は消化されている、と、言う事はやはり出るべき所からしか出ない。
たとえ吐き気がしても、やはり、出るべき所は一箇所なわけです。
あの1時間で何度トイレに行った事か!
帰りは絶対飛行機だ!

港について向かえにきてくれている人に「最後の1時間は辛かったです!」と訴えると

「あーあの区間はいつも揺れるんですよ、地理的な問題なんでしょうね」
どんな情報でも、欲しかったです・・・・・・・。
お迎えの軽自動車に乗り込んでこれからの職場、役場、宿舎(一戸建て)に行って荷物をおろし、簡単に島案内。

「もう、この道1本だから」

そう言われても、この10分で幾つの場所教えてくれました?もう教わったすぐから次々抜けてってますが・・・・・。
そこでフと気づく。道が細いので、圧倒的に島の車は軽自動車が多い。
それらがなんと全部品川ナンバーです。
さすが東京都!
あとは坂が多いので、老いも若きもバイクを飛ばしています。
聞けば試験もなく免許が取れるとか・・・・・。おばちゃん、おじちゃん、おばあちゃん、おじいちゃんの愛車はバイク!バリバリ言わせています。
足が地面に届かなくても乗っちゃいます! (^0^) 「だって、必要だべ、おばさん!」

到着した8日にはすぐにネットが繋がる様手配していたのですが、NTTがレンタルしたモデムが欠陥品で、12日の祭日明けの13日までネット無しの状態。
これが何とも辛い!でも仕方が無いから、生活必需品を買いに出掛ける。また新たな驚き。
高い!でもそれしか無いから買うしかない・・・・。
近海の魚?無いよ、そんなもん、おばさん!
チリ産の鮭食べたら蕁麻疹出来ましたー!
元々防腐剤の入った食品でアレルギー起きるので買い物に時間かかります。表示を読む。
表示見ていると買える物がひじょーに少ない事判明!愕然・・・・・。
「帰ろっかなぁ・・・・・・・」

そんなつぶやきのメルセデスを襲うリンナイの湯沸かし器の災難!
お風呂場でお湯出していたら火が消えていて黒い煙がも~くもく~!
「とりあえず、お風呂のシャワーは3分で切り上げるようにしよう・・・・・」
シャワーを浴びながら、何度も火がついているか、すすけて見づらい小窓を覗きながらの
実に素早い動きの3分シャワー。
でも、大丈夫。人は垢では死にません、火では死にますが・・・・・。

島なので、”海”の写真・・・・と言うのもあまりにも普通ですので、あえてこの写真を。
(本当は海まで降りて写真撮っても良いのですが、帰りの坂を考えると、軽く転がり降りれません)
a0053716_20593193.jpg

[PR]
by Mercedes88 | 2007-02-14 21:24 | 島からの便り
<< 停電 茂木さんの仕事術、いよいよ公開! >>