もう一度言ってください

島へ行く事を、いっぱいサポートしてくれた友達と会った。
お互い忙しくて9月の半ばに会う事が出来た。

久しぶりにスターバックスに入って友達が来るのを待っていて思った。
・・・そういえば、どこで会うか、言ってないなぁ・・・
約束の時間になると、友達がやって来た。
どこで、と書かずに会える、と言うのも面白い。”いつもの所”なわけだ。

島で貰ったメールにジムに通い始めたと書いてあった。
どうやら続いているらしい。
マッチ棒みたいだったのが、少し逞しくなっている。

お互い近況を話し始めても10分もしないうちに映画の話になる。
映画は”島から戻ったら見に行こう”みたいな、ご褒美だった。
お勧めを聞くとDVDで見られる作品を薦めてくれた。
『カジノ・ロワイヤル』と『リトル・ミス・シャンシャイン』

メンバーだったDVD屋さんの更新をしていなかったので再度入会しないと・・・と言うと
「新しい○○○が出来たよ。ほら、後ろに見えるビル。本屋とスタバも入ってるよ」
「えっ?わっ、ホントだ。スタバから他のスタバ見るなんて初めての経験」

『カジノー』は見たいと思っていた、ショーン・コネリーの007がどうも好きになれないけれどと言うと
「ダニエル・クレイグはクールだったよ。彼が007で誇りに思ったよ」
イギリス人の彼はダニエル・クレイグの007に満足しているらしい。

帰りの新しく出来たDVD屋さんに寄ってDVDを借りる。
カウンターで入会についての説明と、新作の『カジノー』、準新作の『リトルー』を何日借りるか
尋ねられるが、その説明と質問は、ナイアガラの滝のごとく店内を流れる音楽と
「アリー・マクビール」で度々話題になる”息継ぎ”は『マニュアル通り』なのか、と思うほど
素晴らしく流暢で、全く聞き取れない。

「ごめんなさい。もう一度言ってください」
思わずそう言って、”あぁ、こんな事言う年になってしまったんだ”と自分自身にがっかり。
しかし、思うに本当にカウンターのスタッフの、あの流暢な説明を、誰もがみんな1度で理解できているのだろうか・・・。
DVD屋のレンタルルールなんで当たり前の事しかなくて新しく気をつける事なんて無いから
誰もさほど気にしていない、のかも知れない。

昨日同じDVD屋さんに出掛けた。
先週iPod nanoを購入した。
知り合いがiPodで英語の番組を聴いていると教えてくれたので即購入。
BBC World Book Clubを聞きながら職場からDVD屋まで歩いて20分。
幾つかDVDを借りてカウンターへ行く。
カウンターのスタッフが何か言っているが聞き取れない。
iPodを聞いているのを忘れていた。
さすがにこの状況では何を言われても聞き取れない。
イヤフォンを取って聞きなおす。
「ごめんなさい。もう一度言ってください」
前回同じ事を言った時とは随分違う思い。
ー”iPod”聞いていたから聞き取れないーな思い。
カウンターのスタッフはイヤな顔見せずに質問を繰り返してくれた。

彼らに”その流暢な説明”が聞き取れないと言っても笑われるだけだろう。
さら、その事をこうして書いている事がそもそも彼らには理解出来ないかも。

映画『カジノ・ロワイヤル』確かにcoolだった。
『リトル・ミス・シャンシャイン』はsweetだった。
[PR]
by mercedes88 | 2007-09-30 11:05 | 日記
<< アーウィン・ショー ドッグイヤーとマーカー >>