遅れる季節

昨日帰宅していると家の近所からキンモクセイの香りがしてきた。
朝は気がつかなかったから、日中に香り出したのだろう。
いつもの事だけれど
「あぁ、ようやくこの季節がやって来たんだ」と思った。
これで、短いが数週間は過ごしやすい日々が続く。

20年くらい前まで、キンモクセイの香りは9月の終わりのものと思っていた。
それがある年、その9月の終わりになっても何処からもその香りの便りが届かない。
10月になり、半ばを過ぎ20日ごろようやく香ってきた。
「今年は暑かったからかなぁ・・・ひと月も遅れてキンモクセイが香りだした・・・」
確かにそう思った事を今も覚えている。

それから数年の間、10月20日ごろにキンモクセイの香りが届く様になった。
ーこれがオゾン層が破壊されて云々・・・- と思っていたらある年9月の終わりの香りがした。
「あれ・・・今年は早かったなぁ」
と思っていると、2週間程度で香りのシーズンが終わり、10月の下旬に再び香り始めた。
ー季節外れの桜がどこかで咲いている、と聞くけれど
キンモクセイも、何かにちょっとからかわれて、フェイント気味だったのかな、今年は・・・-
その翌年から私の街では再び
キンモクセイは10月中旬から下旬にかけて香りが街を流れる様になった。
香りがして季節を感じる。キンモクセイは秋の香り、だろうか。

朝外に出て、スカーフ巻いてくれば良かった・・・と後悔して
両腕に刺さる真新しい冷たさを恨めしく感じ
その両腕を手でさすりながら歩く時に冬が近づいている事を感じる。
違う朝、昨日まではケンカ相手だった風が急に優しくなって体にまとい付く感覚は春。
見えないし聞こえないけれど、匂いで『もうじき雨が降る』と分かる梅雨の季節。

20年ほど前まで私にとって暑くて辛い夏はホンのひと月、梅雨が明けてお盆が終るまでだった。
エアコン嫌いで扇風機なんてとんでもない、と思っていた私にとって
辛抱するのは30日程度の事だった。
今年はその”辛抱”が2ヶ月以上続いたなんて・・・。
もちろん今はエアコン、さらにそれと相性の良い扇風機も使っているけれど。
何はともあれ
今年の秋の香りの便りはいつもよりとても嬉しい。
[PR]
by mercedes88 | 2007-10-18 21:40 | 日記
<< 彼を好きな理由 カタイ音 >>