春樹ちゃんとガエル君といい日旅立ち

本屋で春樹ちゃんの新刊を立ち読み。
「過呼吸」の文字に目が行って、追って読んでいたら胸がなんだか熱くなってきた・・・
こんな所で・・・ヤバイ。
初めて春樹ちゃんがメール返信を出した年、私は3通貰ったがはじめのメールには
告白めいた感じで過呼吸の事が書いてあった。
その時は「上手く息継ぎが出来ない」と書いてあったが
本を読むと、それはどうやら過呼吸だった、と書いてあり、何とか乗り越えたみたいだ。
時間はかかったようだけれど、春樹ちゃんなりにガンバッたのだろう。
ぎこちないながらもトライアスロンを何とか歩かずに走っている姿は
「実は僕レースで・・・」と始まるメールを読んだ私には、結構グっとくるものがあった。
もう「死ぬまで18」なんて言って笑っている年齢ではないのだけれど
気持ちだけはね、と言いたくなった。

ようやく「ブエノスアイレスの夜」をレンタルする。
鼻が気になるガエル君、本読んでもらいたくなる様な声じゃ・・・ないんだけれどねぇ。
本読んでいる姿、もしくは横顔なんか見ていたい気はするけれど。
でも、たとえば声が素敵な人だと
その声で自分の名前を呼んでもらいたい・・・なんて事は思うなぁ。
しかし、春樹ちゃんの声を初めて「夢のサーフシティ」のCD-ROMで聞いた時
『これはぁ・・・春樹ちゃんの声じゃ・・ない!』と声に出して言った私は一体何を考えていたのか。
島に居る時見たNHKで放送していた韓国ドラマの主役の人の声は良かった。
吹き替えでなくご本人の声。
放送後、続きを見たくてYou tubeで見て驚き。
「わぁ、なにぃ~この声!めちゃくちゃイイじゃないのぉ~」
ピアニストって声でした。(どんな声?ピアニストの声って!)

街をブラブラ歩いて気持ちの良い季節。
4時に人と待ち合わせ。
電車を降りてホームの窓から下の大通りを見ると歩道に凄い人垣。
『なっなにがあったのっ!』と思いながら通りへ降りてその人ごみに近づくと
警備に当っている人が道路から歩道の人達へ
「こちら側は陛下が窓から手を振って・・・」と説明があっていて
・・・あぁニュースで見た・・・と。
ナンバーが書いてある小さなステッカーがドアに貼ってあるパトカーが前を通る。
「3分前のパトカーだ」誰かが言う。・・・確かに「3」という数字のステッカーだった。
「2」が来て、「1」が来て、比較的ゆっくりだけれど、窓の開いた黒の車が通った。
私が居る側より反対側の方が人数が多かった。
「あぁ、アッチの方が良かったわねー」と言っているおばさん達もいた。
私はこれで2度、お見送りした事になる。
感激した、と言っている制服の若者がいた。
私の周りの人殆どが、携帯電話を手にしていた。
ー写メして送って話しするー3つセット。
何事もなくて幸い、お天気も良くてなお、良かった。
[PR]
by mercedes88 | 2007-10-30 22:16 | 日記
<< 原作を突き抜ける映画ってあります? 鉛筆削りから思い出した事 >>