咄嗟のひと言

その横断歩道は10歩で渡りきれる。
大通りから1本入った細い道の横断歩道。
いつも朝6時55分ごろ渡るので、車もあまり通らない。
当然、信号無理をして渡ることが普通になっている。

ある日、iPodで音楽を聴きながらあと少しで陽が昇るという時間に
人通りの無い通りを、いい気分で歩いていた。
空に所々横たわる雲が、薄いオレンジと、ピンクと、ブルーの色に染まっているのを
ボンヤリ眺めながら・・・。

その横断歩道まで来て、信号が赤なのを見たけれど
車が来る気配は無いし、当然のごとく歩き始めた。
3歩くらい歩いたら、横断歩道の向こうに立っている人が何か言っている気がした。
・・・私に言っているの?・・・
その人は確かに私に言っていた。
私は立ち止まって、その人を見た。
・・・警察官だった・・・

警察官はもう一度、今私に言った事を繰り返した。
「信号は赤ですよ」
私は横断歩道の真ん中で”直立不動”の姿勢(または『気を付け』の姿勢)で
咄嗟に口元に当てていた両手を離して
静まっている空気にひびを入れる感じの声で答えた。
「申し訳ありません。これから気をつけます」

警察官ーここでは、”おまわりさん(♪犬のおまわりさん♪風の感覚で)と呼ばせてもらおうー
おまわりさんが微笑んで、青に変わった横断歩道を渡って、私とすれ違って歩いて行った。
・・・おまわりさん、笑ってた・・・

その直後私が思ったの事は
・・・良かったぁ・・・あのおまわりさんが『リーサル・ウエポン』の時のメル・ギブソンじゃなくて・・・
もしメル・ギブソンだったら、きっと私は撃たれてたなぁ。(そんな事あるわけ無いじゃない!)
私は、幾つになっても、こんな浮世離れしたことを考えている・・・・。


このエピソードに「申し訳ありません」が正解か、と言うとそれも疑問だけれど・・・。
私はどうも”すみません”の多様化が上手く利用出来ていない。
だから使わない事にしている。
さらに”かわいい”がこれも同様に、上手く利用出来ない。
だからこれも、極力使わない事にしている。
初めはつい「すみません」と言っていたが
慣れてくると、その場に適した言葉が出てくるようになる。
(その場の”適した言葉”が、この浮世離れした人が思う通り、「正解」がどうか怪しいが)

「女性の品格」をカナちゃんに貸した。
カナちゃん曰く。
「私が苦手な事、出来ない事ばかり書いてある。読んだ後うちのお母さんに貸したよ」
・・・お母さんですか・・・。
お母様ーお母様にとってはわかりきった当然の事が書かれている本でございましょう。
そんな本をお貸ししてしまい・・・どうも・・・すみません。
[PR]
by mercedes88 | 2007-11-18 22:28 | 日記
<< 里芋グラタンを食べながら 原作を突き抜ける映画ってあります? >>