グリーンとオレンジ

バーゲンシーズン。
街を歩いているとあるスポーツ用品会社のビルが通り沿いに建っていた。
こんなのいつ建ったんだろう・・・
そう思いながらちょっと覗いてみるとバーゲンでスニーカーが売られていた。

ブラブラ見ていると渋めのグリーンをベースにしたスニーカーが目についた。
手にとって見ているとお店の人がやって来た。
「おサイズ、お出ししますよ」
私は、はい、と答え、グリーンのスニーカーを持ったまま
スニーカーの並んだ壁の前をうろうろ。
くすんだオレンジ色の、グリーンと同じデザインのスニーカーを手にとって
自分の後ろにいたお店の人に言った。
「これと、これのサイズ〇〇、ありますか?」
スタッフは「お待ちください」と言ってすぐに2箱持って戻ってきた。

お店の人はグリーンの方から紐を調節してくれて履き易くしてくれた。
私は用意されたグリーンのスニーカーを右足に履いた。
続いてお店の人はオレンジの方の箱を開けた。
「あの・・左足の方をお願いします。」
お店の人は「ハイ」と答えオレンジ色の左足のスニーカーの紐を緩めてくれた。
私はグリーンのスニーカーを履いたままイスに座り、オレンジのスニーカーを待った。
手際よく紐が緩められ、手渡されたオレンジ色のスニーカーを私は左足に履いて
近くにある鏡の前で自分の足元に並んだグリーンとオレンジのスニーカーを見た。

お店の人が私の横にやって来て言う。
「サイズはどうですか?どちらも抑えた色合いですからなんにでも合いますよ」
サイズは丁度良い。私はどちらのスニーカーも買う事にした。

「このまま履いて帰ります」
「どちらのお色をですか?」
「えっと・・・このまま・・・」

うちには、同じデザインのグリーンとオレンジの履物が幾つかある。
色のコンビネーションとしては、良くない?(しり上がりイントネーションで)
そんなこと、思っているのは私だけかも知れないけれど。
[PR]
by mercedes88 | 2008-01-30 09:38 | 日記
<< ここ数日 優しい音 >>