色と音、言葉とその周辺

アンソニー・ミンゲラ監督が亡くなったというニュースを数日前に知る。
昨日街へ出て映画「こわれゆく世界の中で」のDVDをレンタルしてきて見た。

色、音、言葉・・・いろんなものに惹き付けられた。
愛情表現が苦手だから比喩を使うというセリフ。
映画が変われば比喩はもっと違う性格の使われ方をするだろう。

緑がきれいだった。
木々の緑、町の明かりの緑。
青も、オレンジも、黄色でさえ・・・美しかった。


いろいろな事を思いながら、色と音と、そして言葉に魅せられた。
[PR]
by mercedes88 | 2008-05-01 11:13 | 日記
<< 集中力散漫を招く音 嫌いになれない彼 >>