あぁ、ドラマチック!

あまり話した事がなかった上司と先日あるちょっとした事から
音楽の趣味が似ている事がわかった。

翌日、悪い癖で数枚のクラシックのCDを選んで貸したら、とても喜んでくれた。
―あぁ、思い切って貸して良かった―

そう思っていたら数日後、どうもありがとう、とCDが戻ってきた。
中を見てみると、どうも1枚足りない気がする。
しかも自分の中ではかなり特別な価値の、でもアマゾンではもしかすると
入手できないかもしれない1枚が、無い気がする。

お昼休みに、あの・・・・という感じで「○☆ソナタ、お貸しした中にありませんでした?」
と尋ねると―それはお借りしていませんよ―と。
即ランチも食べずに会社のパソコンでアマゾン検索。
家にあればいいのだけれど、とりあえず入手出来る!と言う確信がほしい。
悲しいかな『あれ、貸しましたよぉー!もう一度探してくださいよっ!』と言えない。
・・・私、まるで村上春樹の「中国行きのスローボート」の中の
主人公の男の子に、山の手線の逆回りに乗せられてしまった彼女になったみたい・・・。
「いいのよ、気にしないで・・・こんな事よくある事なの、私には」
幸いアマゾンでも入手出来る事が分かる。
でもあれ、演奏した本人が直接私に薦めてくれたCDだったんだけどなぁ・・・
とにかく家に無ければ買えるからいいか・・・。

帰宅途中携帯が鳴る。会社から。見ると上司からのメール。
「あの、例のCDだけどPCの中に入ったままだった。ごめん。明日お返します」
結構悲劇のヒロインみたいな気分で帰っていたんだけれど、一気に元気回復。
まぁそうねぇ・・・悲劇のヒロインって感じの事でもないねわぇ、この程度じゃ。

でも戻って来てうれしい。
日替わり定食と言うより株価の変動って感じ私のキモチ。
[PR]
by mercedes88 | 2008-08-20 22:10 | 日記
<< ランチ配達 やっぱりライブ! >>