連想遊び

好きなギタリストのCDがネットで1年以上前から入手不可。
今月中古で発見するも1万円。今日も変わらず。
ふと見ると“お勧めのCD”に村冶佳織の顔。
カバティーナが頭で流れ始める。
出会いはルーブルの中でカバティーナを弾くパリ留学生の彼女。
すると映画「ディア・ハンター」のいくつかの場面が脳裏に蘇る。
1度見ただけ。
未だ幾つかの場面が心に残るのは、好みの似た友人と沢山語ったから。
スプリングスティーンの「ボビー・ジーン」の様な関係。
渡米中プロ野球の順位表を手紙に同封してくれた。
「ありふれたアメリカの朝」(映画「普通の人々」)の
―施設にいた時野球のスコアが同封された手紙をもらったが結局捨てた―
というところを思い出したが小説の様に捨てずにとっておく
と返事を書いた事を思いだす。
今朝の少し肌寒いひと時。
[PR]
by mercedes88 | 2008-08-25 18:27 | 日記
<< 落合選手についての会話 意味分かる? >>