落合選手についての会話

仕事帰り偶然友達と会う。これから仲間とご飯、来ない?即合流。
居酒屋のひと部屋「適当に座って!」  注文終わると野球の話。
隣の人が「野球見ます?」
落合が選手だった頃好きで見ていたがセ・リーグへ移って野球見るの止めたと話す。

「落合?ホント!僕も落合好き。日生球場とかの試合、いつもガラガラ」
「テレビの特番でパ・リークの試合の外野席でカップルがキスしてるの見た事があります」
「僕バトミントンしてるの見ました。藤井寺かな、どこかの球場で。
ちゃんとバトミントンやってるの、凄いね
でも、なんで落合選手が好きだったんですか?」
「ヘラヘラしてて全然やる気無い様に見えるのに打席に立つと何だか打つ気がしたんです。
で、実際打つんです。でも力んでいる感じもなくて
なんだかヒョイって感じで打つ、みたいな。チームの為とかじゃ無い一匹狼的存在。
3冠とかも『取るよ』って言うけど全くダメじゃない!と思っているとホントに取る
なんか凄いって思って」
「そう言う感じありましたねぇ~。
そうそう、川崎で9回表大ピンチの時
皆村田の所に集まって『どーしよう…』って言ってる時落合が来て「俺、裏で打つから」って
本当に打って勝った試合があるんです」
「その頃の日記、いつも『島田何割何分何厘、落合と何分差、上がれ、落合!』とか書いてて
でも落合は『プロ野球ニュース』のインタビューにいつものヘラヘラ顔で
『今日?4のタコ』とか言うんです。でもシーズン終わると何か取ってるんですよね」
「そうそう!」

遥か遠い昔のある惑星での記憶を辿る。
[PR]
by mercedes88 | 2008-08-26 08:27 | 日記
<< 無言で去る彼 連想遊び >>