ポールさん・・・

ポール・ニューマンが26日亡くなった事を今知った。
この記事を知って頭に浮かんだ彼の映画が「わが緑の大地」だった。
1度、テレビで見ただけの作品だけれど忘れられないシーンがあってそれで浮かんだのだろう。
今レンタル出来たとしても、見る勇気はない。テーマとして今の私には重いかな。

ここ十数年、パスタのソースは彼のものを使っていた。
ラベルの顔は素敵だ。でも帰宅するたびに顔が変化する「傷だらけの栄光」も好きだった。
S・マックイーンもあの頃好きだったからなぁ。
そう言えば「タワーリングインフェルノ」でポールの息子さんがエレベーターにぶら下がらながら
しっかりと握っていた手はマックイーンの手だった・・・でもやがて彼は力尽き、滑り落ちていく。
「セレンディピティ 」でジョン・キューザックが一番好きな映画に「暴力脱獄」をあげる。
「明日に向かって撃て」を見た同級生が-キャサリン・ロスになりたい-と言っていたのを思いだす。
私は映画の役よりも彼の、雑誌などから伝わる人柄に惹かれた気がする。
絵なんて上手く書けないけれどその頃1枚ポールの顔を鉛筆で描いた事がある。
レース後のインタビュー時の写真みたいで
サングラスの片方を耳からずらして顎のあたりに下ろしている顔。
かっいイイ、と思って書いた。

小さなシーンでも彼が出ていると映画とは関係なく、なんだか安心していた。
これからはそのホッとする感覚はもう感じないだろうけれど
彼の事は、覚えておきたい記憶の箱に入れておく。
ポール、あなたの事は忘れない。
[PR]
by mercedes88 | 2008-09-28 10:23 | 日記
<< あぁ9月・・・ Josh, ありがとう! >>