カテゴリ:日記( 153 )

ちょっとお休みします

引っ越しのためしばらくネットが使えません。
最近さぼり気味でしたから、ブログ状態としては今までと変わりないですが。

皆様 どうぞ楽しいクリスマス そして良いお年をお迎えくださいませ。
[PR]
by mercedes88 | 2008-12-19 05:47 | 日記

コックピット

昔、職場の休憩室でコーヒーを飲むため入ると
床に置かれた高さ1メートル位の食器棚の両扉を開け
イスを食器棚の前まで持って来て、食器棚の中でコーヒーを作っていたスタッフがいた。
「わぁ、なんだかコックピットって感じですね」と声をかけると
「君はほんとーに変わっているね」と言われた。


今朝、また神様から「ランチ、まだ来てないでしょ。今日きなさいな」と言われた。
思わず「今、朝の5時ですよ、これ夢ですよね」とぶっきらぼうに言い返すと
神様は「いや、夢ではない。飛行機の席はもう取ってあるから、じゃランチの時に」と。

飛行機ね~、なかなか上手いじゃないの、神様に会いに行くのに飛行機乗っていくなんてね
と思いながらのろのろダラダラ朝食を取り
少し明るくなった空に浮かぶ雲を見る為、外に出るとポストに封筒が入っていた。
中には『飛行機の切符』と書いてある紙があった。
その下に小さめの字で今日の日付と搭乗時刻が書いてある。
子供でも今どきこんなもの作らないし使わない・・・。
でも何となく搭乗時間が近づくとそわそわして来て・・・とりあえず空港に行ってみた。

空港の自動ドアが開くと、そこには私の名前の書かれたA4の紙を持った
黒のスーツを着た男性が立っていた。
私の事を知っているみたいで、「ハイこれ」と言って「搭乗券」を渡された。番号は7番。
そして「こちらへどーぞ」と言うのでついていくと、小型飛行機のところへ連れていかれた。
これで神様へ会いに行くらしい。
番号の順に乗りこむ。私の7番は一番後ろの席。
とにかく乗ってシートベルトを締める。
するとすぐに「じゃ、飛びますね」とアナウンスがあったと同時にもう雲の上にいた。

神様とのランチ、ちょっと期待していた。美味しいものが出るかも知れないなぁ、と。
でも出たのはカレーうどんだった。
「カレーうどん食べるの初めてです」と神様に言うと 「うん、だからこれにした」と。さすが(?)
「一緒に来た人達はどこですか?」と神様に尋ねると
皆さんそれぞれ神様とランチ中との事。
「へぇーそーなんですか」と言ってうどんを1本すすると
カレーのおしるが白いテーブルクロスにピンとはねてシミを作ってしまった。
「ごめんなさい」と言って
いつかどこかでもらった出会い系サイト広告のテッシュで拭こうとすると
「かまわん、かまわん」と言ったかと思うと突然「で、最近愛ちゃんの調子はどうじゃ?」ときた。
「愛ちゃん?」と首をかしげると
「ピンポンの愛ちゃんじゃよ、可愛いの~愛ちゃんは」
「あぁ福原愛ちゃん・・・ちょっと準備不足で情報・・・無しです。申し訳ありません」
「んじゃ、真央ちゃんはどうじゃ?」
「あの、神様、ご自分は神様なんですから何でもご存じじゃないんですか?」
「いやね、あんたもあんな風に可愛くなりたくないかなーと思ってな、聞いとろるんじゃよ」
「じゃ最初からあんな風に可愛く作って下されば良かったのに・・・何でこんな不細工な・・・」
「おっ、もう帰りの飛行機の時間じゃ、また来なさい。じゃな」
と言ったと思ったら、私の眼の前にはまた小型飛行機があった。(神様逃げたな・・・)

先ほどの黒のスーツを着た男性がくれた搭乗券の番号は8番。
・・・待ってよーこの飛行機、7つしか座席無かったじゃないのよ!・・・
と、黒のスーツの男性が私に言う。
「神様がコックピット席に乗せる様にと。こちらへどーぞ」

私の席は右側。左側はパイロットがいた。
行く時は本当にアッという間に神様のいる場所に着いたのに、帰りは2時間も飛んだ。
目の前にはいくつもの計器が並んでいる。
パイロットが握っているのと同じ操縦桿が私の前にもある。もちろん触ったりしない。
パイロットは忙しく、いろんなスイッチをパチパチ動かして、ノートに何か書きこんで
右見て、左見て、前見て・・・。
何かお手伝い出来たら良いんだけれどねぇ…たとえば操縦桿を握るとかさぁ。

私は大好きな雲を見て飛行を楽しんだ。ちょっと揺れるのもコースターみたいで嬉しかった。
最後に滑走路に着陸する時が一番ワクワクした。もう自分が操縦している気分だった。
無事着陸し、狭いコックピットから出て 
黒いスーツの男性の後に皆で並んで歩いて空港の外へ出た。
そこは家の前だった。

神様、これは夢?洒落たクリスマスプレゼント?
まぁどうでもいいけれど、コックピットに座れた事はすごくクールな体験だったよ。
でも、今度のランチ、カレーうどんよりも そばがいいなぁ・・・トッピングはお任せしますから。
[PR]
by mercedes88 | 2008-12-17 19:47 | 日記

Hallelujah

急にLeonard Cohenの「Hallelujah」が聴きたくなってyou tubeに行くと、彼より多いアクセスのものがあり、とても良かったので、またかよ!のyou tube。

[PR]
by mercedes88 | 2008-10-28 13:44 | 日記

MORE TODAY THAN YESTERDAY 

いつもお越し頂きありがとうございます。ちょっとさぼり気味です。
もう少しさぼり気味が続きます。
お忙しい中お立ち寄り頂く皆さまへ、感謝をこめて、この曲を!(またYou tube!)

[PR]
by mercedes88 | 2008-10-18 06:38 | 日記

お誕生日カード、ありがとう!

今日友達から誕生日カードが送られてきました。
でも、今日は私の誕生日ではありません。

実は、その友達の誕生日を偶然知った翌年に、お誕生日お祝いメールを送ると
もの凄く喜んでくれたのです。
ちょうど友達にとってその頃は、大変大忙しの時期だったらしく
メールを見て『あっ、そうだ!今日私の誕生日だった』って気づいた、ありがとう、という
返信をもらったのです。

そうか・・・今の時代、自分の誕生日も忘れるほど忙しい人もいるんだなぁ・・・と
年中のんきな私は思ったのです。
自分が忘れていても、まだ周りが覚えていてくれたら、これは嬉しいですよ。
が、回りも、それどころじゃないって感じで忙しかったリすると・・ちょっと悲しい。

そこで私はそれ以来、知人へのお誕生日メールは誕生日の前日に送るようにしました。
「明日、思いっきりハメはずして忘れられない日にしてね、1日早いけどお誕生日おめでとう!」

今日カードをくれた友達がある年のカードのお礼メールで書いてきました。
「あなたの誕生日も教えてね」と。
ところが、いつものごとくメールを書き出すと、ダラダラ書いてしまって
”誕生日教えてね”がもう、頭の中からどこかへ行って、消えちゃったんですよ、ハイ。
送信してからも思い出さない。

そこで今日、友達がー私の誕生日を今日にしてーカードを送ってくれました。ありがとう!
友達はビーズ刺しゅうなど起用にするのです。
ビース刺しゅうで楽器が描かれた洒落たカードを見つけて、音楽好きな私が思い浮かんで
今回の「今日があなたのお誕生日って事にしたからね、おめでとう!」企画が浮かんだとか。
嬉しくて楽しくて笑顔になっちゃう企画、そしてお誕生日カード。
そうなんだ、今日私の誕生日なんだ!誕生日をプレゼントしてくれてありがとう!!!!!!
[PR]
by mercedes88 | 2008-10-08 21:52 | 日記

DNA鎖?

頭上の雲を見る為首をグッと曲げーそれほど面白くないやーと頭を元に戻すと
近くにいた知らない人が同じ様に首を曲げて空を見上げていた。
・・・巻き込んじゃって、ごめんなさい・・・
でもやっぱり」雲は面白い。
a0053716_14451645.jpg

[PR]
by mercedes88 | 2008-10-04 14:48 | 日記

あぁ9月・・・

辛い事ばかり書いた9月。
なんだかもう寂しくなる記事ばかり。
書くことがないからYou tubeをやたら貼り付けるし。
you tube中毒! でも、気が付いた。
み~んな好きなんだ、Sixpence None The Richer の 「Kiss Me」 が。

シーズンも始まったから、9月最後のyou tubeはこれ。(マリッシュの笑顔がイイなぁ)

[PR]
by mercedes88 | 2008-09-30 18:40 | 日記

ポールさん・・・

ポール・ニューマンが26日亡くなった事を今知った。
この記事を知って頭に浮かんだ彼の映画が「わが緑の大地」だった。
1度、テレビで見ただけの作品だけれど忘れられないシーンがあってそれで浮かんだのだろう。
今レンタル出来たとしても、見る勇気はない。テーマとして今の私には重いかな。

ここ十数年、パスタのソースは彼のものを使っていた。
ラベルの顔は素敵だ。でも帰宅するたびに顔が変化する「傷だらけの栄光」も好きだった。
S・マックイーンもあの頃好きだったからなぁ。
そう言えば「タワーリングインフェルノ」でポールの息子さんがエレベーターにぶら下がらながら
しっかりと握っていた手はマックイーンの手だった・・・でもやがて彼は力尽き、滑り落ちていく。
「セレンディピティ 」でジョン・キューザックが一番好きな映画に「暴力脱獄」をあげる。
「明日に向かって撃て」を見た同級生が-キャサリン・ロスになりたい-と言っていたのを思いだす。
私は映画の役よりも彼の、雑誌などから伝わる人柄に惹かれた気がする。
絵なんて上手く書けないけれどその頃1枚ポールの顔を鉛筆で描いた事がある。
レース後のインタビュー時の写真みたいで
サングラスの片方を耳からずらして顎のあたりに下ろしている顔。
かっいイイ、と思って書いた。

小さなシーンでも彼が出ていると映画とは関係なく、なんだか安心していた。
これからはそのホッとする感覚はもう感じないだろうけれど
彼の事は、覚えておきたい記憶の箱に入れておく。
ポール、あなたの事は忘れない。
[PR]
by mercedes88 | 2008-09-28 10:23 | 日記

Josh, ありがとう!

エミーショーが60周年記念だった様で。Joshが「ベイウォッチ」のテーマを歌いながら走る姿はなんだか可笑しいな。でも”Suicide is Painless”をJoshの声で聴けるなんて思っていなかったから、すご~くうれしいなぁ。(このところYou tube 貼りすぎだなぁ・・・)


[PR]
by mercedes88 | 2008-09-23 10:14 | 日記

ケンカの思い出-Northwest Passage

その頃1人の友人がよくクラブで歌を歌っていた。
ライブにおいで、と誘われるも夜出歩くのが苦手な私はいつも「今度ね」と。

ある日その友人からメールが届いた。
-週末のライブは無料で自分だけのライブだから是非おいでー
12月の寒い夜、凄い武装で出掛けたライブ。
実はこのライブ、無料ではなく1800円もした。
それはある常連客がその狭い店を貸切にしてある集いを開いた際
BGMとして友人に声がかかったというものだった。
私は言われるまま料金を払い、出来る限り体を小さくしてそこに居る自分を嘆いた。
友人はそんな私の気持ちなど知らず、時間になると店のカウンターの前に現れ
椅子にかけて曲の説明をし、ギターを弾きながら歌い、その繰り返し。1時間のライブ。

数曲聴いた私は自分の手帳の空いたページにその時の気持ちを書いた。
-なんだろう、これ・・・ただ熱いものがこみ上げてくるじゃない、もっと深い感じ?-
演奏が終わると友人のところへ行き、良かったよ、と伝え走って駅へ行き最終電車で帰宅。

帰宅してメールでー今日聴いた曲はどれも心に何かを残したけれど、何を残したのか
上手く書き表せない。聴くことが出来て良かった、と思える曲達だったーと送信した。
翌朝メールをチェックすると夜中の3時頃、友人からの返信が届いていた。

ーごめん!無料だと思っていたんで誘ったんだ!お金いくら払った?今度返すね。昨夜の曲は全部Stan Rogersの曲。いつも彼の歌は歌っている。セレクトしてCDを贈るよ。来てくれてありがとう。ー

私はその夜友人にメールを出す。-料金の事気にしないで。帰りにATMのボックスあったから壊して電車代盗んだから。CD楽しみにしてる!-

しかし待てど暮らせど友人からのセレクトCDは来ない。たまにあっても
「ごめん、まだ完成していないんだ」と。
ある日ふっと思いついてネットで検索するとStan のHPが出てきた。
そしていろんな事も分かった。
でも、一番の収穫は、そのサイトを開くと同時に、彼のある曲のイントロが聴けた事。
それからたびたび、そのイントロを聴く為にそのサイトへ行った。
そして私は友人のセレクトCDを待ちきれず、アマゾンでそのイントロの曲の入ったCDを注文する。

偶然その日の夜、友達と出かけたお店で友人とバッタリ出会い、Stanの話からイントロの話になり、今日アマゾンでオーダーした事を話すと、友人はさらっと言った。
「あぁ、これで僕らの友情も終わりだ。残念だなぁ・・」
そう言い残すと何所かへ消えてしまった。
私は帰宅してアマゾンのオーダーをキャンセルして、そのことを伝えるメールを友人に送信。
5分としないうちに友人から返信が届くー僕らの友情復活にバンザーイ!ー
それから数ヶ月後、友人からすごい分厚いセレクトCDを渡された。
1曲、1曲に説明書きまでしてある。アマゾンではオーダーできないセレクトCD.

今は遠くにいて会うことが出来ない友人。だからもうケンカも出来ないけれど
Stan Rogersを聴かせてくれてありがとう。


[PR]
by mercedes88 | 2008-09-20 08:33 | 日記