<   2006年 05月 ( 7 )   > この月の画像一覧

頬にかかる涙

 今日のタイトルを見て「ボビー・ソロね」と思った方は私よりもホンの少しだけ人生の先輩かもしれませんね。
でも、私の様に、年代に関係なく古い曲も”歌う”方も多くいらっしゃるかも知れませんから
一概にそう決めるのは早合点かも知れません。

 私はよく涙を流す。
映画を見て、スポーツを見て、音楽を聴いて、本を読んで、テレビを見て。

要するにエモーショナルな人間なのだ。
今はもう見なくなった高校野球。以前は入場行進で涙が出ていた。
オリンピックの開会式の入場行進は今も涙が出る。(自分であきれる)
ある時NHKでロイヤルアルバートホールで行われたコンサートが放送されていて
「威風堂々」が演奏された途端涙が止まらなくなった。
観衆が肩を組み、腕を組み体を左右に動かしながら歌を口ずさんでいる姿を
私は曲が終るまで涙を流しながら見た。

スポーツを見ていて感激して涙を流される方は多いと思う。
私もそんな方々のお仲間の1人。
ラグビーでラインギリギリを走りながら、上手くヒザを使ってトライを決めるシーンなど見て
ヒャーすご~い!と思うともうだめ、涙が止まらない。
サッカーでも、敵味方関係なく、”ウヮー”と思うシーンではすぐ涙が流れ出す。
以前はプロ野球も見ていたが、テレビ番組の「珍プレー、好プレー」では珍プレーの時はろくに見もせず、好プレーは見てよく1人で涙を流して「凄い、凄い」を連発していた。

今朝いつもより早く目が覚めた。4時18分。
そういえばドイツで日本戦があっているんだとテレビを付け、見るともなしに音を流していたら
そのうち前半が終わりコマーシャルが始まった。

4年前から良く耳にする音楽が聞こえた。キリンが製作している「私達は日本チームを応援しています」とかなんとか、製品を売るコマーシャルではなく、彼らのポリシーをアピールするCM。
なんという曲かはしらないが、胸にこたえる音楽だ。
聴くたびに胸が熱くなるし、今朝見た以前からの日本戦のシーンを集めたCMには涙が流れた。
同じことがドイツの会社アディダスのCMにも言える。
たいそうお金のかかっただろうCMでジダンやカカ、ベッカム、そして若かりし頃のベッケンバウアーが登場し、ブラジルの路地裏でボールを蹴っている子供たちに混じってプレーする。
ある子供が叫ぶ「ベッカム!パス!」-ベッカムは素直に彼にボールを上げてパスする。
カカがミスをすると、その子がカカに言う「ベンチへ戻れ」-カカはうなだれ、歩き出す。
そんなCMを涙を拭きながら見る自分を朝から、ため息をつきながら”困ったものだ”と思う。

 ある日友人が自分が書いた話を読ませてくれた。
私は途中で涙があふれ出て、しばらく休んで、また読み始めた。
次に友人に会った時、そのことを話すと友人は驚いて言った。
「あの話に泣けるシーンなんてあった?」
ハイ、ハイ、ありませんでした。
私はただ、すぐ泣く涙腺のゆるい、オバサン、イヤ、オバちゃんなんですよ。
友人にそう言うと笑っていた。

あーこの先益々涙もろくなると思うと先が思いやられるなぁ・・・・・。

でも、ボビー・ソロの「頬にかかる涙」はステキな曲です。
ご存知でない方は、いつか耳にされるチャンスがあれば良いですね。
[PR]
by mercedes88 | 2006-05-31 07:13 | 日記

現在逃避 鼻炎編

 20年以上鼻炎持ち。
アレルゲンは「ハウスダスト」
-これって「あなたの部屋、汚いでしょ!」ーって言われている気がする。

いろいろな薬を飲んだ。
『眠い』は常のひとり事。
トイレで座ると、自分の体が砂になってサラサラ体の形が崩れ始め
それはトイレの個室のタイルの上に小さな砂山を作る・・・・
このイメージは自分だけの妄想となり、いつか現実化しそうな気がしていた。
電車で座席に座って、瞬時に眠り込んで、前のめりの体が”ガクッ”と動くなんて
まだまだ鼻炎の薬を飲んで初心者の経験。
端の座席にすわり、ポールにグゥァ~ンと頭をぶつけて
あまりの音の大きさに自分で恥ずかしくなって車両を変わった事もある。
もちろんコブも出来た。ハハ。

そしてとうとう卒業した。

レーザー治療だ。治療が始まって4,5年は待った。
効果の程が分らない。
しかし近くに経験者が現れ、「そこそこ良い結果」が得られるとの情報を知る。

患者は賢くないと嫌われる昨今。
「レーザー治療をお願いします」というと「賢い選択ですね」と医者に言われる。
賢い患者になったは良いが、いろいろ聞けなくなった。
しょうがない、このまま突っ走れ!
質問の有無も聞かれないまま、レーザー治療の日を決め、当日が来る。

「じゃ、始めます」
「ハイ、お願いします」
「・・・・あーこの感じじゃ、片側10分で終るよ」

・・・・じゃ両方で20分!エーッ、そんなにかかるの!・・・・
賢い患者などにならずにあれこれ聞くべきだった。
しかしもう治療は始まっている。
自分の焦げる匂いが嗅げるなんて、生きたまま棺おけに入れられた気分。
なかなか経験出来るものじゃない、したくも無いけれど。

そして現在逃避が始まった。

・・・・今、レーザーで鼻の粘膜を焼いている私の手を握って優しい言葉をかけてくれるサッカー選手は誰がいるかなぁ・・・・・

・・サビオラはどうかなぁ・・・・『ボク、そんなの見てるの苦手だよ、ゴメン』なんて言いそうだよなぁ。
じゃ、アイマールはどうかなぁ・・・・『ボクが側に居るからね』と言ってくれるだろうが、彼の場合術者が彼に見惚れる恐れがあるなぁ・・・・
じゃ、アルメイダはどうかなぁ・・・・『勘弁してくれよー!こんなのダメなんだ、オレ!』なんて言いながらも手を握って自分も目をつぶっている感じかなぁ。
クレスポなら肩抱いててくれるかもね、ベロンもかな。
サネッティなら時々ホホや額にキスしてくれるね。
シメオネなら『失敗したらタダじゃすまないぜ!』って言ってくれそう(^-^)・・

この現在逃避法はかなり役に立つ。
その後、足のMRIをとった時は映画スターでやってみた。
今では人に薦めている。
数人は『役立った』と言っている。

これでビジネスを始めると良いかも知れない。
そのうちこのブログは「あなたもこの方法で現在逃避しませんか?」の本を売るサイトに変わるかも知れない。

ここをクリックすれば逃避法が無料でダウンロード出来ます。今すぐクリック!
[PR]
by mercedes88 | 2006-05-21 10:34 | 思い出

バルセロナが勝った~!

 勝った~!バルサが勝った~ぁ!

 今日は1日バルサのユニを着てます。
[PR]
by mercedes88 | 2006-05-18 05:52 | スポーツ

さぼり気味

この所更新さぼりMercedesです。

あまりさぼっているので、「しばらく更新停止します」 としようか・・と昨夜思ったけれど

朝起きたらやっぱりテレテレだけど、このまま停止せずしやってみよう、と思いました。

モロモロ、ゴチャゴチャ起きました。

また痩せました。

しかし、それも話の素材としては、結構イイものみたいです。

そんな事、素直に書いていきます、ボチボチと。

このボチボチが、私には、イイみたいです。

皆様の更新、楽しみにしております。(勝ってですねぇ!)

若葉のきれいな5月(寒いけれど)をお楽しみください。
[PR]
by mercedes88 | 2006-05-09 07:23 | 日記

友達だから

カフェで向かい合って話している時。

あなたはいつも言う。

「君は友達だからこんな話するけれどさぁ・・・」

この間も聞いた、その

『君は友達だから・・・』

分っているって、そんなこと。

だからカフェでお茶飲んでるの。

それとも何?私の気持ちを知っていて警告している訳?

『これ以上近づかないでくれ』

それともと婉曲に

『君の事、友達って言ってるけど、ただの友達じゃないんだよ』

って言いたいの?

何にもしないから、出来たらストレートに言って欲しい。

でも、考えすぎなのかも知れないなぁ・・・。

私も言ってないから・・・・・

「好き」

って事。
[PR]
by mercedes88 | 2006-05-09 07:03 | ストーリー

火照り

 その息づかいは確かに過呼吸のそれだった。
私は一瞬ためらったけれど、それが聞こえる方へ首を回した。

 彼女は私の立っていた後ろの、6人がけのシートに座っていてデパートで品物を入れてくれる手提げ袋に半分顔を入れて肩を大きく上下させながら息をしていた。

電車の中で、左隣に座っている彼女より幾つか年上と思われる女性が、困惑しながらも右手で息づかいの荒い彼女の背中をさすっていた。

 私はもう一度ためらった。
でも、彼女のやり方は賢いやり方ではなかった。
私は出来るだけ何でも無い、と言う表情をして過呼吸の女性の前まで言って肩にかけたバッグを床に置き、そして彼女の前にヒザを付いた。

 私はためらわずに彼女のデニムのパンツの上から彼女の腿の辺りを軽くさすりながら言った。

「もう大丈夫よ、私が来たから。もう心配ないわよ」

左隣の女性が背中をさすっていた右手を彼女の背中から離した。

私は続けて無表情に話し続けた。

「薬は持ってる?じゃ飲みましょう。水はある?無いのなら私が持っているから大丈夫よ」
彼女は紙袋から顔を出し、自分のバッグから薬を入れたポーチを取り出し中から薬を1つ取り出すとそれを口に入れた。

「出来たら噛み砕いて。苦いかも知れないけれどその方が早く効くから。ハイ、これ飲んで。
一口じゃなくて、飲めるならもう少し飲んで。沢山飲んだ方が良いから」

彼女は3口私が持っていたペットボトルの水を飲んだ。
また肩で息をしている。水を飲んだせいで、呼吸が少し以前より速くなった。
それで不安が増したのか、腿の上においているバッグを支える両手が震えているのが分る。
私は腿の置いて手をそのままにして、話しかける。

「薬は飲んだから、いずれ効いてくる。それは知っているわよね。それまでは自分で努力しなくちゃ。
出来るなら息はゆっくりつきましょう。出来るならでいいから。
薬が利くまでだから、やってみて。出来るからでいいから」

 電車が止まり急行が先に通るまで停車する。
私は黙って彼女の腿の上に置いた手でゆっくり彼女の腿をさする。
少しだけ他人の目が気になる。この手を妙に思う人がいるはず、きっと。
でも、誰かが側にいると言う事を確実に知るための手段として、足や腕を触られるのは良い事。
背中だと息づかいに響いてくるし、肩など抱かれるのも、胸を締め付ける感じになってかえって辛い。
出来るだけ手足が良い。中心部から離れている方が触られる方は楽。

 彼女の呼吸が少し落ち着き始める。
彼女はまだうつむいている。
私はまだ腿に置いた手を動かしながら彼女に話しかける。

「落ち着いて来たみたいね。上手くやれたわね。良かった」

彼女はうつむいたまま顔を上げない。

「『また起きた』って考えてない?もし考えるんだったら『今日も起きたけれど、上手くやり過ごした、切り抜けること出来た』って考えて」

彼女が始めてうなずく。

私は話し続ける。

「調子が悪い時って、朝から分るわよね。そんな日は楽な服装にしょうよ。
デニムは止めて、体が締め付けられないものを着ましょう。
それから水はいつも持っていると良いわよね」

彼女が顔を上げて私を見る。そしてうなづく。

私は彼女の前から立ち上がり笑顔で言う。

「短い時間で切り抜けれるなんてすごいわね。じゃ、いってらっしゃい」

そう言って私は電車を降りた。
自分の顔が火照っているのが感じられる。
出来るだけ早くここから立ち去りたい。
ホームに滑り込んできた急行電車のドアが開くのがいつも以上に遅く感じる。
開いたドアから電車に乗り込み、私は車内の中部へ行き、眠っているスーツを着た男性の横に座る。
まだ顔の火照りが感じられる。
まるで悪いことを仕出かして逃げてきた気分。
私は目をつぶり、うつむいて、その火照りが収まるまどの位かかるか考えた。
そうしながら私は仕事へと出掛けた。
[PR]
by mercedes88 | 2006-05-04 13:53 | 日記

陽の色 

a0053716_20371721.jpg


今年の春は寒い春だった。
お花見をしたくても雨が多くて、通勤で見るだけでそのうちに葉桜に。
桜が終っても、天気予報が「今日の最高気温は22度です」と伝えても
まるで春一番みたいな強い風が吹いて、一日中寒くて会社でも暖房を入れていた。
気の弱い春の陽射しは1日中吹き荒れる気まぐれな春の風に簡単に負けてしまう。
若葉の出始めた木の枝を揺らす気の強い春の風。
そしてやっと5月になって、春が来た。


a0053716_2027305.jpg


いつもお世話になっているジャズのサイトの皆さんが
ユニクロが発売しているECMジャケットがデザインのTシャツを皆で着て
今日東京でオフ会を開催中。
私が先週この写真と撮った時、サイトで一番人気Tシャツだったキース・ジャレットの
CDのデザイン、それを思い出した。
もちろんデザインは違うけれど、モノクロの感じが似ている。
この日の陽射しは暖かく、朝、会社の駐車場を掃除していて春の匂いを私は捕らえた。
そしてつぶやいた。
「あーやっと春が来た」

ジャズのサイトの皆さん、オフ会、楽しんでくださいね。
[PR]
by mercedes88 | 2006-05-03 20:45 | 日記