<   2007年 04月 ( 16 )   > この月の画像一覧

「えっと ポテトのL 2つ それだけ」

職場で週3回いつも会う映画好きの方が
「暇でしょうがないんじゃないの?」
と言ってアメリカドラマ「Sex and the City」を全シリーズ貸してくださった。

正直この手のドラマは、やたらアレばっかりで好みではないけれど
確かに暇だから、と思い見始めると、当然ハマる。
少し前見ていた「花より男子」では話の中心の男性陣の事を『F4』と言っているらしかったが
「Sex and the City」では、違うF4言葉が飛び交う。
あまりに連呼されるので次第にマヒしてくる。

しかしそう言う過激でxxxxな言葉がふんだんに使われるドラマだが
ホロリときたり、大笑いしたり、うなずいたり、と中々楽しい時間が過ごせた。

が、問題がおきた。
ドラマの主人公4人の女性たちは週に1度は必ず朝食を共にする。
一週間分の自分の人生を持ち寄ってお互いにそれを語りながら
ブランチをたのしむ、のんびりと、時にバタバタと。
そして彼女達は食べる。

フライドポテトを。

もちろん毎回誰かが食べているわけではない。
フレンチ・トーストを食べていたり、大きな器から新鮮なサラダを食べていたり。
しかし、誰かがフライドポテトを食べている時 妙に心がザワザワする。
要するに、食べたいのだ。

思えば単純な私は「ツインピークス」の時もドーナツを食べたくなった。
大してドーナツなんて好きでもなかったのに、見ていると夜中にどうしても食べたくなった。

思い出したが、これは「ツインピークス」が初めての事ではない。
始まりは「アメリカン・グラフィティー」だ。
あの映画を見ると私は「Sex and the City」と同じ様に
フライドポテトが食べたくなった。

「刑事コロンボ」を見た時、あるエピソードで「残存映像」なるものが使われた。
そう言った事を知らなかった私は大変面白く思った。
しかし、私にはそう言った手の込んだことなど必要ないらしい。

島にはもちろんファーストフード店もコンビニもない。
冷凍食品を買って自分で揚げて食べることも出来るけれど
やっぱりそれじゃ、ダメなんだ。(ただ面倒なだけじゃんか!)

ポテトが食べた~い!               ケチャップはいらないけれど。 (ビネガーはイイ)
[PR]
by mercedes88 | 2007-04-28 09:47 | 島からの便り

やっぱりラッキー?

今、私の仕儀とで登録しているサイトを見ていたら
なんと私の街の隣の街にある職場で、今 島でしている職種での募集があっている!
しかも、私の年齢も充分カバーしている!なんという事だ!
今すぐ飛んで帰りたい!今、すぐに!

この職種の世界の年齢制限は35歳。
だから私の街でいくら経験20年以上、と言っても、年齢を理由に断わられてしまう。
それがなんと50歳まで、と言う年齢制限!

あーあと3ヶ月が長~い!
3ヵ月後にはきっとこの募集 もう出ていないだろう・・・・。

が、しかし、隣町には私の年齢でもOKの募集を出す職場がある、という事が分っただけでも
嬉しいじゃないか!
たとえ今応募出来なくても。
もう私の街で自分の好きな仕事には就けないと考えていたけれど
もしかすると、まだ可能性が、あるかも知れない、と分ったのだから、ね。
[PR]
by mercedes88 | 2007-04-26 20:56 | 日記

欠席の流儀

10代は何でもはっきり口にした。
「あれはこうこうだからイヤだ」 「私はそう言うこと事が嫌いだ」 「興味が無い」
20代になると、少しばかり丁寧な言葉使いになったものの、以前と大して変わらない。
「習っているレッスンの試験なので」 「おばが入院して」
30代になると、断わる事自体がストレスになってくる。
「あーそうですね、えっと・・・いつまでに返事をすればいいんでしょうか?」
「職員全員が参加されるのならば・・・・じゃ私も参加させていただきます」

食べる事 飲む事が大好きな人は世の中に大勢いる。
10人いれば半分以上が飲み会が楽しいと答えるかも知れない。
もちろん会社の飲み会はその中に入らないかも。
でも『とにかく飲めれば良い』と言う人もいるかも知れない。
ーだって、会社の飲み会が終って、2次会で楽しめばいいじゃん!-
ごもっとも。

私は痩せている上に、1度に沢山食べれないので、時間制限がある会食が苦手だ。
会社の飲み会などは断われないから出席するが、メインが出てくる前に満腹になり
近くにいる人に
「良かったらこれ、食べてくれません?」
といろんな人に自分の食べ物をくべるハメになる。
美味しいと分っているが、どうしても入らない。
残すのも失礼と思い、結局回りの人に食べてもらう。
そしてうちに帰って
「あーお腹すいた~なにか無かったっけ・・・・・」
と冷蔵庫を覗くハメにはる。

島へ来てからも数回会食に誘われた。
初めての時はやはり断われきれなくて出席した。
すごいメニューで、なんと”鍋とすし”

鍋は適当に、白菜や豆腐、ネギなどを食べていれば、食べているように見える。
しかし、途中から寿司が出て来たのには参った。
人数分が出てくる。しかもいくつか多く握ってくれていた。
島へ来てすぐの職員へその余分が当然回ってくる。
拷問に等しい。
オマケに私は、寿司は好きだけれど一口に食べると言うのがダメだ。(刺身とご飯が良い)
正直、粋な食べ方かもしれないが、どうも味わう事が不可能だ、もちろん私の場合。
以来会食の誘いがあると、体の調子がイマイチなので、と言う理由で断わってきた。

ある日、私が島へ来る時乗った船で一緒にやってきた同僚と一緒に控え室にいた。
彼女は同年代という事もあり、いろいろ話せる。
丁度主任がやって来て、島に一軒だけあるイタリアンに皆で出掛けるから
私にもいらっしゃい、と声をかけられた。
困った。最近はアレルギーも一段落付いたし、なんと言って断わろうか、と考えていたら
隣の同僚が言った。

「この人ダメなの。大勢の中ではご飯食べられなれないです。
何処で育ったんだか知らないけれど、ヘンな人なんです」
すると主任が、今回は診療所の職員だけで役場の連中は来ないから、知っている人だけよ、と言うと、再び彼女が口を開く。
「この人の世界って3人でも多いんですよ。無理無理。しかも見てください。やせてるでしょ。
一回食べなかったらひっくり返るから。家で好きな様に食べさせておかないと、働けなくなりますよ」

さすがにそこまで知って主任も無理には誘えず、残念ね、と言って控え室を出て行った。

私って本当にラッキーな人間だと思った。
こんな島へ来て、半年だけ何とかサバイブして
とにかく仕事を完璧にやろう、と考えていた。
その他の事は問題が出たときに考えようと。
会食なども誘いもそう言う問題のひとつだった。
しかし、なんと強力な助っ人が現れたことか!
しかも、彼女の流儀は、「本音」だ。
もちろん人の事だから、本当の事を言えたのかも知れない。
しかし私にとっては、なんともありがたい事だ。

私はいろいろ体裁を考えてしまう嘘っぱち野郎だけれど
ここへ来てまたしても素敵な人に出会えた。

私って、ホント、ラッキーなええカッコしだなぁ。
[PR]
by mercedes88 | 2007-04-26 17:18 | 日記

プロにおまかせ!

友達がメールで就職活動しているが空振りばかり、と書いて来た。
友達は私よりも10歳以上も若いのに振るいにかけられ落とされている。
そう言う話を聞くと、私も島を出てからの事を考えると不安になる。
しかし、不安に思ってもどうしようも無い。
だから出来る事を手堅くするしかない。
そこで友達にメールでアドバイスした。

「きっと君の性格上、写真は駅の構内にある”スピード写真”¥700だろうけれど
それこそがまず簡単に直せて、しかもハイリターンを生むものなんだよ。
フォト・スタジオでプロに写真撮ってもらいなさいよ。ちょっとお金かかるけれど」

2年前アメリカから戻って就職活動している時にハローワークの”就職支援センター”で
私に付いてくださった方がまず私の履歴書の写真を見て言った事は
「この写真じゃダメだ。指名手配みたい。履歴書で初めに目が行くのは写真。
ここにこそお金をかけるんだよ」
同時に、履歴書の書き方も教えてもらった。
それはまさに目からウロコの書き方だった。

同じ頃、知り合いの方にも、同じ事をアドバイスされた。
その時の言葉がこれ。

『餅は餅屋』

プロは腕は素晴らしい。
プロに写真を撮ってもらう様になってから、蹴られた事はない。
全部採用されるので、自分で選べる。
そして今島にいる。
島の事いろいろ面白可笑しく書いているが
やりたい仕事の為の島入りだったので充実していると言える。
島から出たら、好きな仕事に就けるかどうか分らない。
年齢制限がある世界だから。

しかし、履歴書は、立派なもを書く自信がある。
たとえ年齢でふるい落とされても、プロから学んで作り出された履歴書は
誰に負けない!

友達にもこうメールで伝えた。

「まず、『餅屋』へ走れ!」
[PR]
by mercedes88 | 2007-04-22 10:40 | 日記

クワット・ブーム

島へ来て本当に体を動かさなくなった。

通勤にかかる時間は約3分弱。歩数を数えてみたら往復で420歩。
自分の働く部屋は8畳2間と言う感じで朝7時から夜7時まで働いても
大して歩く必要も無い。
いまPCを置いているこの2階には6畳が2間あるけれど
日当たりの良い1部屋しか使っていない。
下の部屋も使っていない。下へ行くのはトイレ、キッチン、そしてシャワーの時だけ。
本当に、歩いていない。

そこである日PCでDVDを見ながら思った。
こういう映画を見ている時こそ、エクササイズをするべきだ!
だって、そろそろお尻も痛くなってきたし・・・・。

そこで私はイスから立ち上がり、スクワットを始めた。
しかし5回もしないうちに膝が痛み始めた。

「やっぱり急に始めちゃダメだなぁ」

翌日、仕事が一段落して同僚に聞いた。

「ねえ、正しいスクワットのやり方って知ってる?」

同僚は、『正しい』と言うところで神経質になり、わかりません、と答えた。
そこで私は仕事場のPCで『正しいスクワット法』を検索した。

そして初めて、正しいスクワットのやり方を学んだ。
そこにはこう書いてあった。

森光子さんは70歳になってスクワットを始めた。最初は1日15回。
今では朝と夜に75回ずつ、1日150回されています。

正しいスクワット法をコピーした私は、午前と午後の合間の20分程度の間に
同僚と2人して、説明文を読みながら、スクワットをやって見た。

スクワットをこれから始める皆さん。
見よう見真似は止めましょう。
正しくやってこそ、効果があるのです。

説明通りにすると、膝も痛くない。
その代わり、大腿部に結構キテいるのが良く分る。
「わーこの辺キテる、キテる」と同僚が大腿の外側を触りながら言っている。
手にコピーしたA4の紙を持って写真を見ながら
「この、膝を曲げる時、つま先より前に膝が出ちゃいけない事と
お辞儀をするように前に上体を倒すのがポイントね」
と言いながらつま先と膝を見ながら腰をゆっくり落とす。
コピーした正しい方法を見ながら2人して上手く『正しいスクワットのやり方』をマスターした。

以後、少しでも暇な時間があれば、私はスクワットやっている。
1つ仕事が終ると、数回スクワット、また1つ仕事が終れば、数回スクワット。
時々ー「なんかへっぴり腰じゃない?」-「大丈夫ですよ、OK!OK!」-などと
言ってもらいながら。

ビリーズ・ブートキャンプはもう少し見られる体になってから始めます。
とりあえず今は

めざせ 森光子さん!
[PR]
by mercedes88 | 2007-04-20 21:42 | 島からの便り

不確かなもの

うっすらな緑色の視界が、何故こんな色なのか・・・と言う疑問を体のどこかに思わせる。
深く息をした事に気づくと同時に自分の部屋に居るとわかる。
部屋の明かりを消しても留守電装置のランプが緑色の鈍い光を放ち、白い壁の部屋全体を薄暗い緑色の部屋にする。
強風がいつもの様に古い部屋を揺らす。島では何処にいてもこの風から逃げる事は出来ない。

胸苦しさが手のひらと足先に熱い血を走らせる。
体の下に広がるシーツの左右に胸の上で組んだ両手を解き置く。
ひんやりとしたシーツの感触を手のひらが感じる。
次に感じたものは体の上の布団の重さ。
胸苦しさは治まらずひんやり感じたシーツがすぐに生暖かく感じ、両手が熱さを冷ます為立ち入られていない場所を探す。
体から少し離れた腕が居場所を見つける。
脇の下に汗をかいている事に気づく。
その気づきがより一層呼吸を深くさせる。
ベッドに横たえた体が瞬時にガクンの沈む気がする。
深く呼吸をしようとするがなぜか出来ない。
出来ないと分かるとまた一層息苦しさを感じる。
右に体を向けてみた。
寝返りをした時に折り曲げた右腕が胸に当たり右の手のひらが心臓の鼓動を数える。
やっぱり早い。
ベッドの上に起き上がり足を床に下ろす。
脱ぎそろえたスリッパが両足を迎えそこない床の冷たい一撃を受けた両足が素早くスリッパを探り当てる。
両手を太ももに置いて深呼吸をしてみる。
体が前かがみになる。
深い息でかえって溜めていた力を使ってしまった気がする。
しっとりとしたパジャマの布地が肌に不愉快さを与える。
来たか・・・・と思う。
昨夜食べた夕食で眠る前に蕁麻疹が出たので、薬を飲んでいたがそれが効かなかったのだろう。という事はかなりやっかいな事になる。

部屋の明かりを付ける為ベッドから立ち上がり右に歩いて部屋のドアの横にあるスイッチを押す。
薄暗い部屋に慣れていた目に白い壁がまぶしい。
数秒目を閉じる。
息をした時に肩が上がっている。
部屋の真ん中の置いたテーブルまで歩いて引かれたままだった椅子に座る。
テーブルの左端に置いた四角いカゴから薬の入れた袋を取り出す。
両手が汗ばんでいるのが分る。
袋を逆さにして中身をテーブルに出す。
右手の転がり出た薬のいくつかを掴み名前を見る。
紫色で名前の書かれたアレルギーの薬が入っていない。
切れている・・・。
背中に汗が走るのが分る。
テーブルの右端に置かれた電話機の受話器を持って短縮ボタンと8を押す。
呼吸をしている事を考えない様にしようとしている自分が滑稽に思える。
そう思う事こそ、その事を考えている証拠なのだから。
6回目の呼び鈴で診療所の当直をしている看護師が出た。
「いつものアレルギーの薬が効かないらしくてさっきから息苦しいんです」
「こちらへ来れますか?」
「救急車を呼んでもらえますか?こんなに息苦しいとさすがに動けなくて」
「OK。じゃすぐにそちらへ行くよう連絡しますから。一旦電話切りますよ。大丈夫?」
「はい。がんばります」

薄暗い視界の中の左側で四角いテレビがはっきり見える。
テーブルの上にあったテレビのリモコンでテレビをつけてニュースを放送している画面にしてベッド戻る。
ベッドの端に腰掛けて肩で息をしながら気を紛らわそうとテレビの画面を見る。
アレルギー発作で息苦しい経験は無かった。
初めて蕁麻疹が出た時、アレルギーによるもの、と説明した医師が
「蕁麻疹くらいだとまだいいけれどね 体の内側、たとえばのどなんかが腫れたりすると息が出来なくなって怖いんだよ」
と言った言葉が頭に浮かぶ。
のどの張れで息が出来なくなっているんだ。救急車が来て、酸素を吸ってものどが塞がって来ているのなら意味ないじゃない!そう言う場合どうするの?こんな小さな島で一体何が出来るの?
そう考えているうちに見えていたテレビの画面が白っぽくなって来た。
足はそのままにしてベッドに体を横にする。目を閉じて耳を澄ます。救急車の到着を知るために。でもこのままじゃドアまで歩けないかもしれない・・・・・・
そう思うと急に胸が痛くなってきた。
ドアの鍵を開けるのを忘れていた・・・・・・
そう思った時テレビのニュースが耳にはっきりと聞こえた。

「只今、患者輸送の為に要請されたヘリが島へ到着する前に交信が途絶え、現在捜索中と言うニュースが入りました」

ヘリの操縦士や乗組員達は誰の助けを待つのだろう・・・・・・
そこまで考えた時、体が深く、深く沈み込むのを感じた。
そして次ぎに、体が落ちるのが、分った。
両手が動く・・・・・・。掴むために。
それが一体なんなのか、分らないけれど。


島へ来てから、いつも頭のどこかにある不安をストーリーにしてみました
[PR]
by mercedes88 | 2007-04-17 06:25 | ストーリー

ヴァレリー と ビヴァリー

いつもお世話になっているshigeyukiさんのブログ 『漂着の浜辺から』で 
カート・ヴォネガットが亡くった事が書かれていて、その事を知りました。
私にとって カート・ヴォネガットはただ1つ「スローターハウス5」だけなんです。
お恥ずかしい限りです。彼に関する知識もありません。
でも、「スローターハウス5」は幾つかの、違う思い出の中で出てきます。
たとえば映画「フットルース」を見ていると
本を燃やす為親たちが持ち出している本の中に「スローターハウス5」があって
「名作だ」と言う主人公に「汚らわしい本」年配者が言うシーンがある。(うろ覚えのシーンだが)
私もかなり昔に一度見ただけなので詳しくは頭に残っていないけれど
「スローターハウス5」の思い出は、うつろな表情の主人公となんと言ってもヴァレリー・ペリン。
このヴァレリー・ペリンの起用は、結構大きなポイントになっているのではないだろうか?
(って、もう忘れた、と言っていながら断言するあたりがいい加減だが)
私はこの映画でこの人の名前を覚えた。
何がすごいって、主人公を演じた役者の名前も覚えていないのに
ヴァレリー・ペリンの名前を覚えているなんて・・・
私はもしかすると昔はスケベなオヤジだったのかも知れない、いやマジでだ。
この映画を見ながら
「ウヮーすげぇー女の人だなぁぁぁぁぁ迫力満点だぁぁぁぁぁ」
とか思っていたのだろうか?

時同じく、私はもうひとり、すごいゴージャスな女性に目をつけていた。
映画「ファースト・ラブ」に出ていたビヴァリー・ダンジェロだ。
こんな映画があったことさえ世の中から忘れ去られている今日に
何を突然「ファースト・ラブ」だ!と自分でも思うけれど
ヴァレリー・ペリンが出てきたら、どうしてもビヴァリー・ダンジェロも出てきてしまうのが私の頭。
これは私の頭の中の一緒の引き出しにハイっている感じ(このハイっている、言うの正解!)で
どちらか1つが出てくると、もう1つも続いて出て来てしまうのだ。
しょうがない。There is no ginger だ。(オヤジだった頃の名残りか、寒いっ!)

どうしてこの2人が繋がって私の脳裏に今も生き残っているか、と言うと
それはやはりこの2人が妖艶な女優であるからに他ならない。
色気のある女優は山ほどいる。
だけどこの2人が当時の私には一種の『私には無い女の匂い」を持っていた女優かったから。
そしてその匂いを私は想像する事も出来ない地点に居た。
コケティッシュだけどそれだけに終らない。そう感じたのは私だけだろうか・・・。
さらに私はビヴァリー・ダンジェロの声が好きだ。とても良い声をしている。

カート・ヴォネガットの事を書きたいけれど、何も書けない私。
しかし唯一「スローターハウス5」と言うタイトルは頭に浮かぶ。
その言葉から繋がって出てくるものはヴァレリーとビヴァリーの名前だった。
今、彼女達はどうしているのだろうか?
shigeyukiさんのブログでコメントを残されておられるペンペン丸さまもshigeyukiさんも
ヴォネガットに「是非1度お会いしてみたかった」と仰っています。
興味深い思いですよね。私も会えるチャンスがあれば会いたいです。
そしてヴォネガットの言葉から引き出された美女2人にも、私は会ってみたいです。
[PR]
by mercedes88 | 2007-04-15 15:59 | 映画

数字で遊ぶ

同僚に「0から9までの数字に性別をつけるとしたら?」と質問したら

男性:4 7 8 9
女性:0 1 2 3 5 6

と言う答が返ってきた。
人の感覚は本当に面白い。

「じゃ0から9までの数字の色のイメージってある?」と質問したら
5=水色 パステルカラー、『薄いからはっきりしろって言う感じ』とのこと
7=緑 ラッキー7、四葉のクローバーのイメージから
8=青 何となく、でも青

私は
8=緑 意味無し。昔からのイメージがこの色
5=赤 「巨人の星」のお父さんのイメージを持つ『5』ですから燃える様な「あかっ!」
3=青 落ち着いた、空色ではないブルー。
2=ピンク 唯一の女性のイメージの「2」ですから、やはり可愛いピンク
6=黄 「4」の薄い黄色に対して、こちらはしっかりした黄色。

数の並びがメチャクチャなのは、上のほうが圧倒的に強いイメージを持つ数字。
8=緑、はもう私の中では揺るがない。

数字は苦手。
もちろん数学も、私の中ではまだ算数の段階。
それでも数字達の持つイメージで遊ぶ事は意外にも楽しい。
a0053716_10581897.jpg
[PR]
by mercedes88 | 2007-04-14 10:37 | 日記

男の子? 女の子?

ある日、友達の誕生日にプレゼントをあげた。
彼は会う時よくピンク色を身につけているので、ピンク色のトイレットペーパーを。
「ピンク?」
「だっていつもピンクのシャツなんか着てるじゃない。ピンク好きかと思ったの」
「あぁ、あれは彼女が選ぶんだ。今日の、こんな感じがボクの好みかな」
と言いながらグレイのシャツの胸の辺りを触っている。
「な~んだ。男の子がピンク着たりするの、可愛いと思ってたんだけれどね」

この私の、男の子がピンク着たりするのが可愛いーと言うのにはやはり
『ピンク』は女の子の色、と言う固定観念があるから。
色に性別をつけるとすると、それは割りと簡単だと思います。
もちろん万人が同じ感覚を持つとは限らないでしょうが。
それでも、ある程度は同じ感覚を持っていると思います。
それはたとえば、知り合いに子供が生まれるので、ベビー服を買う際
性別が分らないと、『黄色』を選ぶなど。黄色はユニセックスな色なんでしょうね。

しかし、たとえばこの性別を数字につける、という事になると感覚は人それぞれ違うでしょう。
私の昔からの印象として、数字の『2』は女の子。女性的なんです。
0から9までの中で唯一女性は彼女『2』だけ。
後は野郎ども、です。
でも、たとえば『3』は大人しい男子、物静かな青年。
『1』は男の子。まだ子供。「ねぇ、どうして○○はXXなの?」と聞きたがる年頃。
『5』は頑固な男。巨人の星のお父さん、あの感じ。
『8』は博識で紳士な男性。
『6』もユニセックスぽいのですが、あえて言うなら村上春樹の本に出てくる様な
女の子の話をきちんと聞いてくれる青年、かな。
『7』はもう、どうしても007のイメージが出てくるから・・・・・スパイ。(ってどんな性別やねん?)
『9』とか『4』は性別は男性ですが、イメージが・・・・・
『9』はイジワルなおじいさん、悪知恵を巧みに使う感じ。
『4』は・・・・・色的には薄い黄色なんだけれどなぁ・・・・・・じゃbiってこと?(オイオイ!)
もとい、薄情な男、かな。

次は『数字』の持つ色のイメージで書こっと。
[PR]
by mercedes88 | 2007-04-12 08:58 | 日記

帰ってきたNEO

サラリーマンNEOがまた、スタート。
丁度「プロフィッショナル」の後なので、ついでに見れる。

『テレビ サラリーマン体操』はバカらしくてやはり可笑しい。
今回は「セクシィー部長」なるものが登場。
これはちょっと・・パス。
と思っていたら、なんとゲーリー・ムーアのパ、パ、パリの散歩道。
しかもあの部分・・・・色香 恋次郎か・・・・覚えとこう。
思わずアマゾンでCD購入したくなるのを、今ぐっと抑えている。
うちに帰れば持っている・・・・・。

「プロフェッショナル」、今夜は建築家の隈研吾さん、「制約」の話。
茂木さんもなにかヒントを得た様子。
プロの話は、いつもおもしろい。
[PR]
by mercedes88 | 2007-04-11 00:00 | 日記