カタイ音

職場の人が「カタイ音楽が好き」と言った。
私は「カタイ音楽ってどんな音楽?」と聞いた。
その人は「クラシックが好き」と答えた。

クラシックはカタイ音楽なのか・・・
漢字だと「堅い、固い、硬い、難い」が考えられるがどれだろう・・・。
私にとってクラシックは柔らかくて優しくて、音楽会でも「あぁ、つい眠っちゃた・・・」
となってしまうものなのだけれど、人によっては表現が随分と違うものだ。
きっとその人にとってはクラシックは
「時代が変わっても変動しない素晴らしさ」と言う感じで
『堅い音楽』なのだろう・・・。

以前世界的に人気のパンク・グループのライブに出掛けたら
途中でチューニングに5分くらいかかってしまっていた。
1分程度過ぎた辺りから野次が飛び始め、その後は野次を聞きに行ったみたいな感じ。
どうにかチューニングを終えて演奏を始めたが、なんとも見ていて悲しかった。
見た目突っ張って強そうでパンクだから「攻撃的で何かに反抗している」感じが持ち味だろうが
あの時の彼らは『ちょっと待ってくれよー、なぁイイだろう」と言う余裕とかは感じられなかった。
「ヤベェ」も無かった。
私には彼らが必死だった様に見えて、そう見えて”しまった”事が悲しかった。
きっと気持ちの優しい子らなのだろう・・・なんて思ってしまった。(同じ20歳くらいなのに)

確かに音楽にジャンルはあるだろうけれど、聞いている人が持つその音楽のイメージには
意外と大きな違いが在るのかも知れない。

秋が近づくと、『電気の通ったギターの音でジャズが聴きたくなる』私・・・
電気通ってると、なんか暖かい感じがする・・・のは私だけだろう。
[PR]
by mercedes88 | 2007-10-13 07:42 | 音楽
<< 遅れる季節 クレイジーラブ >>